不動産売買・建築において 信頼関係の重要性


不動産の仕事をしていて本当に良かったと思う瞬間はやはりお客様に喜んでいただいた時です

先日も不動産を購入していただいたお客様から大変ありがたいお言葉をいただきました

本当に嬉しく思いました

仕事は人とのご縁からしか入ってきません

そのため一つひとつのご縁を大切にしなければいけません

しかしながら、不動産・建築業は大きなお金が動く仕事であり、且つお客様にとって不透明な部分が多くある業種であるため、お客様を騙したり不正を働く業者もたくさんあります

定期的にそのような業者がニュースを騒がせます

お客様を騙すようなことをして一時的に利益を得たとしても、最終的にはそのような業者は滅びていきます

それは当然の事です。ただ、被害に遭われる方は不憫でなりません

不動産の売買はほとんどの方は一生に一二度しかしないことです

そして、そこで動くお金は一生の中で最も大きな金額です

お客様にとって大切な商取引でお客様を騙すことなどはあるまじき行為です

ただ不動産や建築は不透明な部分が多いため、中には騙されたことすら気付かないことも多いと思います

本来得られるはずの利益が業者選びをミスしたばかりに得られていないことも多々あります

建築工事に関しても不当な金額を支払っている可能性もあります

建てた建物がふたを開けたら欠陥住宅だった人もいるでしょう

不動産、建築業界ではこのようなことが溢れかえっています

では上場企業に任せれば安心なのかというと、決してそうではなく定期的に上場企業の不正も発覚します

そのため、不動産売買などは会社で決めるのではなく人で決められることをおすすめします

信頼できる人に任せれば失敗することはないでしょう

ただ、信頼ができるからといって誰に任せてもいいわけではありません

人柄と仕事の質は比例しない事があるからです

例えば不動産の売却を任せるなら、査定からはじまり、売却プランまできちんと納得のいく説明をしてもらえるかどうかはとても重要です

不動産の購入や建築に関しても同様です

仕事の部分も含めて安心して任せることができる人が見つかればその人に任せればいいと思います

信頼ができる人探しはやはり会って話をする以外ないでしょう。会って話をすれば、その人がプロかどうか信頼できるかどうかはわかると思います

そしてあとは基本的に全て任せればいいと思います

私もこの業界での仕事が長くなりますが、強く思うのは信頼関係がいかに大切かということです

そして業者は一つひとつのご縁を大切にして感謝の気持ちを忘れないということです

誠実な仕事をすることこそ一番大切だと思います

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

社長ブログ「ラフィナータ社長の不動産相談所」も是非ご覧ください! http://raffinata.blog.fc2.com/

滋賀県草津市・大津市、栗東市、守山市で不動産の売却・購入・新築・リフォームのご相談がございましたらラフィナータにお声掛け下さいませ(^o^)

不動産売却に関しましては滋賀県全域・京都・大阪エリア等も対応しておりますのでお気軽にお声掛け下さいませ(^o^)

不動産の買取りもいたします。不動産をすぐに現金化したい方やご近所に知られずに不動産を売却されたい方などは買取りがおすすめです。買取りに関しましても、滋賀県全域、京都、大阪エリア等広域で対応しております

不動産や建築に関してお困り事がございましたら是非ご相談ください。相続問題、ローンに関する事、空き家対策、離婚、老後に備えての住替え、ご近所に売却を知られたくない、収益物件の運営困難、こんな工事をどこに相談すればいいかわからい・・・・不動産や建築に関しては様々なお困り事があると思います。そのようなお悩みがある方はラフィナータにご相談ください

不動産査定、新築、リフォームのお見積りは無料です。もちろん各種相談も無料です

お問合せをお待ちしております!!
お問合せは今すぐ!!TEL 077-532ー9237
もしくは メール info@raffinata.co.jp
下記 お問合せフォーム
からお問合せください

ご相談だけでもかまいません。どうぞお気軽にお問合せ下さい(^^)

LINEによるお問合せもできます(^^)

友だち追加


スマホでご覧になっていただいている方は「友だち追加」ボタンをクリックしてください
パソコンでご覧になっていただいている方はスマホでQRコードをスキャンしてください

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


不動産売買実例 無料相談サービス
Fudousan Plugin Ver.1.3.4
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。